読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイクカードローン★他のカードローンと比較して分かったメリット!

レイクのカードローンを選びました。他のカードローンと比較してみて新生銀行レイクのカードローンは使いやすいメリットがあったからです。

レイクカードローン★他のカードローンと比較して分かったメリット!

レイクカードローンの特徴!

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233851j:plain

レイクカードローンの特徴としてまず挙げられるのが、無利息期間が用意されていることです。

そして特に利用者側にとって魅力があると言えるのが、5万円までの借り入れならば180日間も無利息期間が適用されることです。30日間程度の無利息期間ならその他のカードローン会社でも用意されていることがありますので珍しくありませんが、レイクならこのように長期的に利息不要で利用できる期間が用意されていますので、利用し易いキャッシング会社と言えるでしょう。

 

また、借り入れをする多くの用事は5万円以内で済むことも少なくありませんから、無利息で済む可能性も高いはずです。なお、5万円を超える借り入れの場合は30日間の無利息期間が適用されますので、金額が大きくなった場合でも上手に活用すれば利息を支払う必要もなく利用することが可能です。


消費者金融ではなくなっている為に総量規制の対象外という特徴もあります。

以前のレイクは消費者金融でしたので、現在でもそのままなら総量規制の対象となって、年収の3分の1を超える借り入れをすることはできなかったはずです。しかしながら銀行系カードローンとなっており、総量規制の対象外で利用することが可能です。その為、多くの借り入れをしたい時にも利用することができ、いざという時にも役立ってくれるキャッシングサービスと言えるでしょう。


来店をすることなく手軽にサービスを利用できるのも特徴です。
金融会社の中には来店が必要になるケースもありますが、その点レイクの場合は申込みから契約、借り入れ、そして返済を行う際にはすべてインターネットから手続きをすることができるのです。ですからわざわざ店舗まで行ったりする必要はなく、必要な時にすぐに借り入れをすることが可能です。また、返済もインターネットで手続きができますので、うっかり返済を忘れてしまって利息が発生してしまうような失敗もし難くなります。なお返済を行う際には自動引き落としサービスを利用することもできますので安心です。口座から返済分が引き落としされますから返済日を忘れてしまうことがある方にとって便利なサービスと言えます。


その他にも短時間で手続きを完了させられるという魅力も持っています。
消費者金融ならばすぐに融資を行ってくれるところもあるのですが、銀行系カードローンの場合ですとなかなか当日中には借りられないことがあります。ところがレイクなら迅速な対応ですぐに借り入れをすることができますので、急に出費が必要になった時でも安心です。

 

>>>レイクカードローン公式サイトはこちら

 

レイクカードローンを正しく使いこなそう!

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233849j:plain

レイクは新生銀行が提供するカードローンですが、実質的には消費者金融と同じ内容のサービスを提供しています。レイクはもともと独立した消費者金融でしたが、新生銀行の子会社となっており現在では新生フィナンシャルと社名を変えています。新生フィナンシャルの業務は主に保証業務を行う会社となっています。一方でそれまで行ってきたキャッシング事業は、それまで通り新生フィナンシャルが引き続いて提供していましたが、2011年以降は以降は新生銀行のカードローンレイクとして再出発し新生フィナンシャルは信用保証業務を行うだけとなっています。


このため建前上は銀行のカードローンという扱いになっていますが、申し込みチャンネルは消費者金融時代のものがそのまま使われており、全国に設置された無人契約機を通じて契約することが可能ですし、専用の申し込みホームページを通じて申し込みを行うことができるほか、専用ダイヤルを利用して電話からも申し込みが可能です。このような経緯から、新生銀行カードローンレイクは銀行のカードローンでありながら、消費者金融のキャッシングといった2つの側面があるサービスとなっています。

 

レイクのメリットとしては、銀行のカードローンであるということです。このため貸金業法における規制を受けず総量規制対象外となります。総量規制では50万円以上の借入れの場合には所得証明書類の提出が求められますが、これが100万円以上の借入れでなければ不要です。

 

また新生銀行特有の事情として、無店舗経営をしておりお金の借入れや返済は提携ATMを利用して行うことになります。新生銀行では提携ATMの利用手数料が無料であり、カードローンでも同様に扱われます。もちろん消費者金融時代に設置されたATMも利用することができます。また銀行カードローンではあまり採用されていない初回利用の無利息期間が設定できます。無利息期間は30日間と5万円までの借入れであれば180日間という2つから選択することができます。


その一方でデメリットとしては金利が高いということです。利率は4.5%から18%となっており、銀行のカードローンとしては高水準にあります。特に100万円までの限度額の場合には、最低利率が15%と高く長期間の借入れを行うという点ではまったくの不向きです。このため銀行のカードローンといっても、短期間の借入れと返済を目的としたサービスになります。

 

>>>レイクカードローン公式サイトはこちら

 

 

レイクのキャッシングで失敗しないために・・・

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233832j:plain

レイクのカードローンの借入限度額は最高500万円まで、最低1万円から借入できるので、借りすぎを防ぐことができます。実は、レイクのカードローンで失敗してしまう方のほとんどは借りすぎによるものです。借りすぎは自己責任の問題であり、金融機関には何の責任もありません。

 

借りすぎてしまう理由はシンプルであり、まだ借りても大丈夫だと考えて追加融資を受けるからです。最初は10万円の借入が20万円になり、そして30万円になるというように段階的に増えていき、返済が大変になっていくのです。


追加で借りる前に、追加で借りても返済可能かシミュレーションをすれば問題ありませんが、実際に行っている方は少ないです。大体の感覚でもう少し借りても大丈夫と考えて追加融資を受けるのですが、実はその時点で債務超過に陥っている可能性があります。そもそも追加で借りたいと考える時点で、お金が不足している証拠でしょう。


追加融資を受けやすいキャッシングですが、不必要な借入はしないようにするべきです。必要な範囲、返済できる範囲で借りていれば失敗することはないはずです。

 

レイクカードローンの返済方法は、残高スライド・元利定額リボルビング方式となります。月の返済を少額に抑えて負担軽減できますが、返済期間は長期化しやすいです。短期間で返済して利息を抑えるためにも、随時返済を活用していきましょう。元金を早く減らすことで、将来的に支払うべき利息を圧縮できます。

 

初めてレイクの審査を受ける方は、無理をしない借入をしましょう。この基準は非常に曖昧ですが、初回融資の段階ではできる限り少なくしたほうがいいです。多めに借りようとせずに、必要最低限の額に抑えておきます。後から再び必要になった場合は、追加融資を受けるようにします。


限度枠が大きくなるほど、気持ちも大きくなってしまいます。初めのころは慎重に利用していますが、慣れて自分のお金のように錯覚するようになったら要注意です。借りすぎないためには、最初から限度枠を少なくすることです。それにより審査も通過しやすくなるので、早急で借りたい方ほど限度枠を少なくして申込みしましょう。

 

>>>レイクカードローン公式サイトはこちら

 

大手のカードローン会社を比較してみると・・・

 

切羽詰った状況の時こそオススメなのが、大手のカード会社からのキャッシングによる借り入れです。最近では、14時までに申込みすれば、店頭に出向かなくても自分の銀行に振り込んでもらうことも可能ですし、最短30分で即融資!なんて歌い文句の会社も多く存在します。

でも、実際のところどうなんでしょう?

まずは大手5社の特徴を紹介しつつ、実際に借り入れする場合について、どこで借り入れするのがベストなのか?について考えていくことにしましょう。

  

レイク

「新生銀行カードローン レイク」は、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへと変貌を遂げました。カード会社からの借り入れに対して少し抵抗がある人からすると、これはちょっとした安心材料ですね。

利用条件は、満20歳以上70歳以下。安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能のようです。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5%~18.0%(実質年率)

限度額:1万円~500万円

融資までの期間:即時審査。最短40分融資! これはポイント高いですね。

 

また、レイクでは2つの無利息期間サービスから選べるようです。即時審査、即日振込もPC、スマホからの申し込みが可能で来店不要。申し込み→借り入れ→返済までもが完結できます。また、セブンイレブンなどに併設されているセブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料。これは素敵!

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233829j:plain

 

プロミス

三井住友フィナンシャルグループの子会社で、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。こちらは、架空のフォークデュオ『プロミス』のCMでもおなじみですよね。そして借り入れする場合のメリットとしては、三井住友銀行のローン契約機を使えることなどが挙げられます。プロミスの利用条件は、20~69歳、安定した収入があること。職業や年収などの制限はありません。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5~17.8%

限度額:1万円~500万円

融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

プロミスの最大の魅力は、初回、契約日から30日間無利息という点でしょうか。もちろん借り入れする際は、インターネット上で申し込みから返済が完結できます。また、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。これは今すぐ借り入れしたい人にとっては朗報ですよね。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233825j:plain

 

アコム

大手消費者金融として、1978年から営業しているアコムですが、2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社になったのはCMなどで放映している通りです。借り入れの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能です。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.7~18.0%

限度額:1万円~500万円

融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

アコムの最大の魅力もプロミス同様、初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロということでしょう。借り入れする際も、インターネット上で申し込みや実際のキャッシング、そして返済が完結できます。また他にも、楽天銀行で24時間振込み融資が可能。インターネットをよく使っていて、楽天銀行の口座がある人にはいいかも…。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233826j:plain

 

モビット

モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融です。借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKですが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていないようです…。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:3.0~18.0%

限度額:1万円~800万円

融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

モビットは、ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示してくれます。この10秒という数字は魅力的ですが、その他のカード会社の場合も、10秒ではありませんが、スピード審査をしているのは前述の通りなので、さほど突出したものではありません。こちらも、インターネット完結の申し込みで、来店不要、電話や郵便物もありません。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233827j:plain

 

アイフル

独立系消費者金融として長年、営業を続けているのがアイフルです。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業しています。借り入れ条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外のようです。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5~18.0%

限度額:500万円

融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

アイフルも他社と同様、初回30日間無利息を行っています。また、以前アイフルで借り入れしたことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」や、女性専用ダイヤルが設けられていたりします。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233828j:plain

 

さて、大手5社で借り入れした場合の契約内容やサービスを比較してみましたが、率直な感想は、ここで挙げたカード会社ならどれを選択してもさほど大差はないということ。正直、どこを選んでも問題ないのではないでしょうか。でもこれは逆に言えば、各社のサービス合戦は一応沈静化した証拠で、借り入れできる枠の増額キャンペーンといった具合に、新規会員はもちろん既存会員へのサービスにも力を入れているのかもしれません。

 

レイクカードローン審査に落ちる人の傾向

レイクカードローン審査に落ちる人の傾向はいろいろとありますが、まず第一に考えられることは安定した収入がないという人になります。お金を借りるということは必ず返さなければならないということになりますので、返済能力がなければ貸してくれません。ですから、一時的なお金がある人よりも安定して収入が見込める人の方が審査に通りやすいのです。

 

レイクカードローン審査で一番重視されるのが返済能力になりまして、返済能力を見極める時に職業であったり、雇用形態であったり、家族構成などさまざまなものを見ることになります。ですから収入があまり多くなくても家族構成や職業や雇用形態によっては審査が通ることもあれば、収入が多くても落ちてしまう場合もあるのです。しかし、アルバイトやパートの方が審査が通ったとしても収入が少なくなるので限度額が低く設定されますので、審査とはまた別の話になるのです。

 

レイク審査で返済能力を見る時に落ちる人の傾向ですが、家族で住んでいる方より一人暮らし、年齢が若い、転職を繰り返している、勤続年数が少ない、正社員ではなくパートやアルバイトなどさまざまな部分で見られます。これら全てが良くないと審査に通らないという訳ではありませんが、返済能力が高いと判断されるために必要な要素であり、良い条件になればなるほど審査に通りやすくなります。

 

また過去の信用情報や他社で借り入れを行っているかも大きな問題となります。レイク以外の業者から借り入れを行っていると、その金額も含めて審査を行いますので、限度額が低くなったり、審査に落ちたりします。多くの業者から借り入れを行うほど、そんなに利用して大丈夫なのか、借り逃げしないかなどのネガティブなイメージがつきますので審査に影響がでます。


返済能力と同時に社会的信用は大事な要素となりまして、いくら安定した収入があったとしても社会的信用がないと審査を通るのは難しくなるでしょう。ですから過去に借り入れを行ったことがある人は期日までに返済できているか、複数の業者に借り入れをしているのかを見直す必要があり、新たに借り入れを行う場合でも複数同時に申し込みを行わない方が良いでしょう。

 

レイク審査で落ちる傾向にある人は、このように単純に収入が少ない人だけではなく、過去の利用履歴や勤続年数が少ないなどの社会的信用も重要になります。気軽にインターネットから借り入れの申し込みは可能ですけど、安易に申し込みを行っていると逆に社会的信用が低くなりますので気をつける必要があるでしょう。

 

>>>レイクカードローン公式サイトはこちら

 

レイク審査の基準について

レイクを利用する為には、申し込みの後に審査を受ける必要があります。それにパスする事が出来ると融資対象として認められる為、カードローンを利用する事も可能になります。


では、実際のレイク審査の基準とはどうなっているのでしょうか。

 

基本的に各金融機関共通となっていますが、審査基準と言うのは明らかにされていません。その為、大丈夫だと思っていたとしてももしかしたら融資不可と言う判断になってしまう可能性はあります。ただ、明らかにはなっていませんが、基本的にチェックする項目等は多くの人が知っている事となるので、その点について注意しておく事が重要です。

 

まず一つは年齢に関してです。上限、下限が設けられているのでその点について気を付けましょう。


また、仕事に関してもチェックされるポイントとなります。仕事と言えば様々な種類がありますが、その中で安定しているかどうかという事が重視されます。例えば、公務員等リストラがない仕事と言うのは最も安定していると判断されます。また、大企業等も資本力が安定しているという点からそれ程条件が悪いと判断される事は有りません。中小企業等はそれよりも少々条件が悪いと判断されてしまいます。


しかし、基本的に企業等に就職して正社員として働いている人は、安定した収入が期待できる場合が多い為、職業によってそれ程融資の可否が決まってしまうことを心配する必要はありません。

 

条件が少々悪いと判断されてしまうのがパート、アルバイト、自営業の人です。この場合はどうしても身分の保証と言うのが正社員に比べると足りないと判断されてしまう為、結果的には融資不可と言われてしまうこともあります。ただこの場合も安定した収入があるという事を証明できれば融資対象としてみなされるので、必ずしも不可となってしまう訳ではありません。

 

また、重視されるポイントとして知っておくべき事が他社借入件数です。法律などでも金融機関の利用する事が出来る件数の上限が決められているわけではないので、どれだけ多くの金融機関から融資を受けたとしても法律違反等になる事は有りません。ただ実際には3社、4社程度から融資を受けている場合はその人がどうしてもお金が必要となっているというのが目に見えて分かる事になるので、融資不可と判断されてしまう事があります。


出来るだけ条件を良くして融資を受ける為にも、レイク審査を受ける時には他社借入件数には注意する必要があります。

レイク審査とレイクの特徴

レイクは新生銀行が提供するカードローンです。

 

国内在住の満20歳~70歳まで、継続的に安定した収入を得ている方が利用対象です。融資額は1万円~500万円まで、年利4.5%~18.0%です。金利は融資額や利用残高によって変動します。保証人や担保は不要、必要書類は身分証明書のみ(場合によっては収入証明書も必要)です。


インターネット取引きに対応しており、申込み、借入れ、返済、残高確認、明細、増額申込みなど各種手続きがネットで行えます。提携ATMの利用にも手数料はかかりません。


新規契約者に対しては30日間と180日間の無利息期間のいずれかを提供しています。

 

このように利便性が高く、お得さもあるのがレイクですが、もちろん審査を受けなくてはいけません。レイク審査は銀行カードローンということを考慮しても厳しめにはなっているでしょう。しかし、レイクは元消費者金融ということで、柔軟に対応するとも言われています。現に、大手消費者金融では当たり前に行われているコンピューターによる審査を導入しています。

 

コンピューター審査では、予めコンピューターに属性を登録しておき、そこに申し込み者の情報を当てはめてスコアリングをすることでポイントを出しています。ポイントがレイクの設定した基準をクリアすれば合格です。


こうした審査自体は珍しくないですが、レイクは申込みをした後の画面にすぐに審査結果が出るのが特徴です。また、利用限度額も一緒に出るので、この時点でどのくらいの融資が可能かチェックもできます。一応、コンピューター審査は仮の審査となり、身分証明の確認が本審査になります。身分確認ができればカードローンの契約をして借入れへ進むことができるでしょう。


一連の上がれを把握すると、申込み、審査、身分証明書の提出、借入れになります。身分証明書の提出はアプリメールまたはFAXで提出できるので郵送する必要はありません。14時までに契約ができれば即日融資も可能です。

 

審査に落ちてしまう可能性としては、属性がレイクが設定する基準を下回った、他社の借入額や借入件数が影響した、他社の返済が遅れている(クレジットカードや携帯電話の分割払いを含む)、申込みの内容に不備や虚偽が見つかったなどがあります。


審査の基準は公表していませんし、審査に落ちた理由を訊ねても回答は得られないでしょう。そのため、自分の条件で審査にクリアできるか予想をたてて申込みをすることが重要です。

レイク審査と総量規制

毎日の暮らしは度重なる出費の連続です。特に給料日前などには財布の中身や預金口座の残高も目減りするばかりで、心が不安に陥ることも少なくありません。そしてこう言った時に限って、仕事関連の大事な飲み会や接待が飛び込んできたり、急な出張案件で旅費を立て替えなければならないケースが生じるもの。さらに家族一緒に出かけるレジャーや急な冠婚葬祭、ファッションや趣味に関する出費など挙げだしたらきりがありません。

 

もちろんこれらの出費を抑えるに越したことはありませんが、中にはどうしても避けられない重要な支払いもありますし、大事なチャンスを失ってしまう場合もあるでしょう。そんな後悔をしないためにも、お金が不足する折には消費者金融で手軽に借入申請するとスムーズに融資を受けることができます。中でもレイクは全国チェーンの有名店。安心して手続きを行うことができるはずです。

 

レイクではキャッシングやカードローンといった手法にて即日審査、即日融資が受けられます。キャッシングならば希望k額を銀行口座に一括振り込みしてもらえますし、一方のカードローンであれば一枚の個人カードを発行することでお金の不足時には近場のATMに駆けつけるだけで迅速に融資金を引き出すことができます。カードローンの場合にはATMから返済も行えるので便利です。

 

ただし、これらの融資を受けるにあたっては然るべきレイク審査をクリアしなければなりません。ネットや電話、店舗窓口、契約ルーム、郵送などで申込みを行った後、それらの情報をもとにしてレイク側では本審査がスタートします。まずは申請内容を入念にチェックした上で、信用情報機関への照会を通じて過去の返済履歴や現在の借り入れ状況などを確認します。さらに勤務先への在籍確認を行って申請内容に虚偽がないかをチェックし、何ら問題がなければ審査通過が可能となります。

 

また、貸金業法に準じて運営されているレイクでは総量規制と言う約束事を遵守することも重要となっています。総量規制では申請者に対して年収の3分の1を超える融資を行うことを禁止しています。そのため、申請者の希望額が年収の3分の1を上回っていたり、あるいは他社からの借り入れと合算したトータル金額がそのラインを超えると融資が不可能となってしまいます。申請内容が基準に抵触しないかどうかはレイク審査においてもきちんと精査されますので、虚偽申請を行ってもすぐにバレてしまいます。これらの借り入れ基準を考慮しながら申請を行うことが求められます。

レイクのカードローン審査基準について

レイクでキャッシングをするときに重要になる審査基準は、信用情報による簡易的な審査を除外すれば在籍確認という収入の証明くらいしかありません。そもそも、キャッシングというのは少額融資で消費者に対して貸出をすることを意味しますので、返済能力に関しては最低限の適性が存在すればそれで良いと判断されています。そのため、書類を通した厳格な審査をすることは少なくとも消費者金融ではほとんどありません。もちろん、一定金額以上の融資を行うのならば書類の提出を求められますがその時に必要になる書類は各社によって異なるので注意が必要です。


在籍確認で気をつけておくことは、自宅に対して電話を行う審査ではないという一点です。在籍確認の審査に関しては誤解を持っている人も少なくありませんが、この審査は職場に対する在籍の確認の審査であって現在本人がどこにいようが関係ありませんし、将来的にどこの会社に就職するのかも関係ありません。現在パートやアルバイト、または正社員として働いているのならばその会社に対して電話がかかってきますのでそのための容易をしておく必要があるのです。


当然ですが、こうした電話の時に貸金業者の方から融資の申請が本人からあったような旨を勤務先の会社にバラしてしまうとその人のその後の生活に大きな支障が生じてしまいますし、会社の関係者と気まずい関係になってしまいます。そのようなことがないように、貸金業者は在籍確認を行うときには貸金業者からの融資の審査であることを告げずに審査を行うようになっているのです。この審査の内容は相手に対して絶対に知らされることがありませんので、気づいた時には在籍確認の審査が終わるような仕組みになっています。

 

こうした側面を考慮して、もう一つ注意をしなくてはいけないのは融資の申請を行う人物の勤務先の営業時間をきちんと確認しておくことです。在籍確認は勤務先に対する電話の確認を行うことを目的としていますので、仮に勤務先が営業日ではなく休みであった場合には貸金業者の方から電話をかけてもらったとしてもその電話にでることはできません。基本的に、貸金業者は休日に審査をやっていないところが多いので、平日に審査をしてもらうように行動する必要があります。それにも関わらず会社の方で電話をとることができないようになっていると審査に通ることができないのでその点だけは知っておく必要があります。特にレイクのような優良な会社は即日審査で行われますので、その日の内に審査ができるように前もって準備をしておくことは基本なのです。

レイクのカードローンって何が便利なの?

レイクと言えばサラ金の大手として有名ですが、便利なサービスがそろっている事で人気があります。


まず返済方法が色々と選べる点が非常に便利です。小規模なサラ金業者の場合ですと実は返済方法は限られていることが多いのです。直接店舗に行き支払ったり指定された口座に振り込む事しかできないこともあります。


しかしレイクの場合はまず銀行振り込みは勿論の事、振り込むのを忘れる方のために自動引き落としサービスまで選べます。これなら支払いを忘れても自動的に返済できますので延滞することもありません。


他にもレイク専用のATMの方から支払うことも可能です。レイクのATMは全国各地にありますので便利でしょう。


さらに提携ATMも多いので仕事の帰りなどにも簡単返済ができます。最近ではコンビニにもATMが設置されていますので24時間好きな時に返済できるのもいいところです。
あと外に一歩も出ずに返済できるウエブ返済と言う方法も選べます。これはあらかじめネットバンクの口座を開設していることが大事ですが非常に便利なサービスです。


勿論便利なのは返済する時だけではありません。借りる時にも便利なのがいいところです。来店する必要もなく自宅でウェブで審査を受けて融資を受けられます、最大で500万までの融資を受けられますが人知れずお金が借りられるのも魅力でしょう。


あと利用明細はネット上で確認することもできます。通常は利用明細は自宅に送られてくるのですがもしも失ってしまうと確認できなくなります。また利用明細を家族に見られますと借金がばれる危険性もあります。利用明細は家族にばれずにお金を借りたい人にとっては厄介な存在です。


しかしウェブ上の利用明細なら好きな時に好きな端末から確認できますし家族にばれることもありません。ただこのサービスを利用するためには登録する必要があります、しかし登録は非常に簡単ですので是非利用してみましょう。


レイクでは会員専用のページを作る事が出来、これを利用すれば他にも支払い日の変更や利用限度額のアップの手続き、他にもカードの利用停止の手続きなどもできます。銀行振り込みをする方のために返済日のお知らせメールを配信してもらえるサービスもありますし、至れり尽くせりです。


初めてサラ金を利用する方にとっては安心できるサービスがいっぱいです、大手と言うだけで安心感もありますしスタッフも丁寧な対応をしてくれるのでおすすめです。