レイクカードローン★他のカードローンと比較して分かったメリット!

レイクのカードローンを選びました。他のカードローンと比較してみて株式会社新生銀行レイクのカードローンは使いやすいメリットがあったからです。

レイクカードローン★他のカードローンと比較して分かったメリット!

レイクカードローンの特徴!

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233851j:plain

レイクカードローンの特徴としてまず挙げられるのが、無利息期間が用意されていることです。

そして特に利用者側にとって魅力があると言えるのが、5万円までの借り入れならば180日間も無利息期間が適用されることです。30日間程度の無利息期間ならその他のカードローン会社でも用意されていることがありますので珍しくありませんが、レイクならこのように長期的に利息不要で利用できる期間が用意されていますので、利用し易いキャッシング会社と言えるでしょう。

 

また、借り入れをする多くの用事は5万円以内で済むことも少なくありませんから、無利息で済む可能性も高いはずです。なお、5万円を超える借り入れの場合は30日間の無利息期間が適用されますので、金額が大きくなった場合でも上手に活用すれば利息を支払う必要もなく利用することが可能です。


消費者金融ではなくなっている為に総量規制の対象外という特徴もあります。

以前のレイクは消費者金融でしたので、現在でもそのままなら総量規制の対象となって、年収の3分の1を超える借り入れをすることはできなかったはずです。しかしながら銀行系カードローンとなっており、総量規制の対象外で利用することが可能です。その為、多くの借り入れをしたい時にも利用することができ、いざという時にも役立ってくれるキャッシングサービスと言えるでしょう。


来店をすることなく手軽にサービスを利用できるのも特徴です。
金融会社の中には来店が必要になるケースもありますが、その点レイクの場合は申込みから契約、借り入れ、そして返済を行う際にはすべてインターネットから手続きをすることができるのです。ですからわざわざ店舗まで行ったりする必要はなく、必要な時にすぐに借り入れをすることが可能です。また、返済もインターネットで手続きができますので、うっかり返済を忘れてしまって利息が発生してしまうような失敗もし難くなります。なお返済を行う際には自動引き落としサービスを利用することもできますので安心です。口座から返済分が引き落としされますから返済日を忘れてしまうことがある方にとって便利なサービスと言えます。


その他にも短時間で手続きを完了させられるという魅力も持っています。
消費者金融ならばすぐに融資を行ってくれるところもあるのですが、銀行系カードローンの場合ですとなかなか当日中には借りられないことがあります。ところがレイクなら迅速な対応ですぐに借り入れをすることができますので、急に出費が必要になった時でも安心です。

 

>>>レイクカードローン公式サイトはこちら

 

レイクカードローンを正しく使いこなそう!

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233849j:plain

レイクは株式会社新生銀行が提供するカードローンですが、実質的には消費者金融と同じ内容のサービスを提供しています。レイクはもともと独立した消費者金融でしたが、株式会社新生銀行の子会社となっており現在では新生フィナンシャルと社名を変えています。新生フィナンシャルの業務は主に保証業務を行う会社となっています。一方でそれまで行ってきたキャッシング事業は、それまで通り新生フィナンシャルが引き続いて提供していましたが、2011年以降は以降は株式会社新生銀行のカードローンレイクとして再出発し新生フィナンシャルは信用保証業務を行うだけとなっています。


このため建前上は銀行のカードローンという扱いになっていますが、申し込みチャンネルは消費者金融時代のものがそのまま使われており、全国に設置された無人契約機を通じて契約することが可能ですし、専用の申し込みホームページを通じて申し込みを行うことができるほか、専用ダイヤルを利用して電話からも申し込みが可能です。このような経緯から、株式会社新生銀行カードローンレイクは銀行のカードローンでありながら、消費者金融のキャッシングといった2つの側面があるサービスとなっています。

 

レイクのメリットとしては、銀行のカードローンであるということです。このため貸金業法における規制を受けず総量規制対象外となります。総量規制では50万円以上の借入れの場合には所得証明書類の提出が求められますが、これが100万円以上の借入れでなければ不要です。

 

また株式会社新生銀行特有の事情として、無店舗経営をしておりお金の借入れや返済は提携ATMを利用して行うことになります。株式会社新生銀行では提携ATMの利用手数料が無料であり、カードローンでも同様に扱われます。もちろん消費者金融時代に設置されたATMも利用することができます。また銀行カードローンではあまり採用されていない初回利用の無利息期間が設定できます。無利息期間は30日間と5万円までの借入れであれば180日間という2つから選択することができます。


その一方でデメリットとしては金利が高いということです。利率は4.5%から18%となっており、銀行のカードローンとしては高水準にあります。特に100万円までの限度額の場合には、最低利率が15%と高く長期間の借入れを行うという点ではまったくの不向きです。このため銀行のカードローンといっても、短期間の借入れと返済を目的としたサービスになります。

 

>>>レイクカードローン公式サイトはこちら

 

 

レイクのカードローンで失敗しないために・・・

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233832j:plain

レイクのカードローンの借入限度額は最高500万円まで、最低1万円から借入できるので、借りすぎを防ぐことができます。実は、レイクのカードローンで失敗してしまう方のほとんどは借りすぎによるものです。借りすぎは自己責任の問題であり、金融機関には何の責任もありません。

 

借りすぎてしまう理由はシンプルであり、まだ借りても大丈夫だと考えて追加融資を受けるからです。最初は10万円の借入が20万円になり、そして30万円になるというように段階的に増えていき、返済が大変になっていくのです。


追加で借りる前に、追加で借りても返済可能かシミュレーションをすれば問題ありませんが、実際に行っている方は少ないです。大体の感覚でもう少し借りても大丈夫と考えて追加融資を受けるのですが、実はその時点で債務超過に陥っている可能性があります。そもそも追加で借りたいと考える時点で、お金が不足している証拠でしょう。


追加融資を受けやすいキャッシングですが、不必要な借入はしないようにするべきです。必要な範囲、返済できる範囲で借りていれば失敗することはないはずです。

 

レイクカードローンの返済方法は、残高スライド・元利定額リボルビング方式となります。月の返済を少額に抑えて負担軽減できますが、返済期間は長期化しやすいです。短期間で返済して利息を抑えるためにも、随時返済を活用していきましょう。元金を早く減らすことで、将来的に支払うべき利息を圧縮できます。

 

初めてレイクの審査を受ける方は、無理をしない借入をしましょう。この基準は非常に曖昧ですが、初回融資の段階ではできる限り少なくしたほうがいいです。多めに借りようとせずに、必要最低限の額に抑えておきます。後から再び必要になった場合は、追加融資を受けるようにします。


限度枠が大きくなるほど、気持ちも大きくなってしまいます。初めのころは慎重に利用していますが、慣れて自分のお金のように錯覚するようになったら要注意です。借りすぎないためには、最初から限度枠を少なくすることです。それにより審査も通過しやすくなるので、早急で借りたい方ほど限度枠を少なくして申込みしましょう。

 

>>>レイクカードローン公式サイトはこちら

 

レイクカードローンだけじゃない!大手を比較してみると・・・

 

切羽詰った状況の時こそオススメなのが、大手のカード会社からのキャッシングによる借り入れです。最近では、14時までに申込みすれば、店頭に出向かなくても自分の銀行に振り込んでもらうことも可能ですし、最短30分で即融資!なんて歌い文句の会社も多く存在します。

でも、実際のところどうなんでしょう?

まずは大手5社の特徴を紹介しつつ、実際に借り入れする場合について、どこで借り入れするのがベストなのか?について考えていくことにしましょう。

  

レイク

 

「株式会社新生銀行カードローン レイク」は、その名のとおり株式会社新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて株式会社新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへと変貌を遂げました。カード会社からの借り入れに対して少し抵抗がある人からすると、これはちょっとした安心材料ですね。

利用条件は、満20歳以上70歳以下。安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能のようです。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5%~18.0%(実質年率)

限度額:1万円~500万円

融資までの期間:申込み完了画面に表示。最短40分融資! これはポイント高いですね。

 

また、レイクでは2つの無利息期間サービスから選べるようです。即日振込即日融資に対応しているのは平日14時までに、申込と必要書類の確認が完了した場合もPC、スマホからの申し込みが可能で来店不要。申し込み→借り入れ→返済までもが完結できます。また、セブンイレブンなどに併設されているセブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料。これは素敵!

 

 

プロミス

 

三井住友フィナンシャルグループの子会社で、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。こちらは、架空のフォークデュオ『プロミス』のCMでもおなじみですよね。そして借り入れする場合のメリットとしては、三井住友銀行のローン契約機を使えることなどが挙げられます。プロミスの利用条件は、20~69歳、安定した収入があること。職業や年収などの制限はありません。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5~17.8%

限度額:1万円~500万円

融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

プロミスの最大の魅力は、初回、契約日から30日間無利息という点でしょうか。もちろん借り入れする際は、インターネット上で申し込みから返済が完結できます。また、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。これは今すぐ借り入れしたい人にとっては朗報ですよね。

 

 

アコム

 

大手消費者金融として、1978年から営業しているアコムですが、2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社になったのはCMなどで放映している通りです。借り入れの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能です。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.7~18.0%

限度額:1万円~500万円

融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

アコムの最大の魅力もプロミス同様、初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロということでしょう。借り入れする際も、インターネット上で申し込みや実際のキャッシング、そして返済が完結できます。また他にも、楽天銀行で24時間振込み融資が可能。インターネットをよく使っていて、楽天銀行の口座がある人にはいいかも…。

 

 

モビット

 

モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融です。借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKですが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていないようです…。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:3.0~18.0%

限度額:1万円~800万円

融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

モビットは、ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示してくれます。この10秒という数字は魅力的ですが、その他のカード会社の場合も、10秒ではありませんが、スピード審査をしているのは前述の通りなので、さほど突出したものではありません。こちらも、インターネット完結の申し込みで、来店不要、電話や郵便物もありません。

 

 

アイフル

 

独立系消費者金融として長年、営業を続けているのがアイフルです。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業しています。借り入れ条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外のようです。

細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5~18.0%

限度額:500万円

融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

アイフルも他社と同様、初回30日間無利息を行っています。また、以前アイフルで借り入れしたことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」や、女性専用ダイヤルが設けられていたりします。

 

 

さて、大手5社で借り入れした場合の契約内容やサービスを比較してみましたが、率直な感想は、ここで挙げたカード会社ならどれを選択してもさほど大差はないということ。正直、どこを選んでも問題ないのではないでしょうか。でもこれは逆に言えば、各社のサービス合戦は一応沈静化した証拠で、借り入れできる枠の増額キャンペーンといった具合に、新規会員はもちろん既存会員へのサービスにも力を入れているのかもしれません。

 

レイクカードローン審査に落ちる人の傾向

レイクカードローン審査に落ちる人の傾向はいろいろとありますが、まず第一に考えられることは安定した収入がないという人になります。お金を借りるということは必ず返さなければならないということになりますので、返済能力がなければ貸してくれません。ですから、一時的なお金がある人よりも安定して収入が見込める人の方が審査に通りやすいのです。

 

レイクカードローン審査で一番重視されるのが返済能力になりまして、返済能力を見極める時に職業であったり、雇用形態であったり、家族構成などさまざまなものを見ることになります。ですから収入があまり多くなくても家族構成や職業や雇用形態によっては審査が通ることもあれば、収入が多くても落ちてしまう場合もあるのです。しかし、アルバイトやパートの方が審査が通ったとしても収入が少なくなるので限度額が低く設定されますので、審査とはまた別の話になるのです。

 

レイク審査で返済能力を見る時に落ちる人の傾向ですが、家族で住んでいる方より一人暮らし、年齢が若い、転職を繰り返している、勤続年数が少ない、正社員ではなくパートやアルバイトなどさまざまな部分で見られます。これら全てが良くないと審査に通らないという訳ではありませんが、返済能力が高いと判断されるために必要な要素であり、良い条件になればなるほど審査に通りやすくなります。

 

また過去の信用情報や他社で借り入れを行っているかも大きな問題となります。レイク以外の業者から借り入れを行っていると、その金額も含めて審査を行いますので、限度額が低くなったり、審査に落ちたりします。多くの業者から借り入れを行うほど、そんなに利用して大丈夫なのか、借り逃げしないかなどのネガティブなイメージがつきますので審査に影響がでます。


返済能力と同時に社会的信用は大事な要素となりまして、いくら安定した収入があったとしても社会的信用がないと審査を通るのは難しくなるでしょう。ですから過去に借り入れを行ったことがある人は期日までに返済できているか、複数の業者に借り入れをしているのかを見直す必要があり、新たに借り入れを行う場合でも複数同時に申し込みを行わない方が良いでしょう。

 

レイク審査で落ちる傾向にある人は、このように単純に収入が少ない人だけではなく、過去の利用履歴や勤続年数が少ないなどの社会的信用も重要になります。気軽にインターネットから借り入れの申し込みは可能ですけど、安易に申し込みを行っていると逆に社会的信用が低くなりますので気をつける必要があるでしょう。

 

>>>レイクカードローン公式サイトはこちら

 

カードローンレイクのメリットやデメリット

レイクのカードローンには、メリットもあればデメリットもあります。


一番のメリットとなっているのは、利息無しでお金を借りられる無利息期間です。無利息期間内なら利息がゼロになるので、非常に強力なメリットです。しかもレイクの場合は、他のカードローンより長い180日の無利息期間もあります。長期間お金を借りても利息はゼロなので、かなり有利と言えるでしょう。


平日14時までに本人確認書類を提出すれば、即日融資が可能なこともメリットです。緊急でもすぐにお金を借りられるので、とても頼りになります。


また、銀行やコンビニのATM手数料が無料なことも、レイクのメリットです。コンビニのATMでお金を借りたり返したりしても手数料は必要ないので、長く使えば使うほどお得になります。


申し込みがネットで全てできるのも、緊急時には便利です。窓口や自動契約機まで行く必要がないので、時間を節約することができます。


また、明細書を自宅に郵送しない設定もできるので、家族にバレずにお金を借りられます。


女性専用のレディースローンがあるのは、女性にとっては嬉しいメリットです。レディースローンなら応対してくれるのは全て女性なので、安心して利用できるでしょう。


レイクのカードローンでデメリットとなるのは、金利が高いことです。消費者金融系に属しますから、銀行のカードローンに比べると数%金利が高くなっています。金額が少ない場合や借りてすぐに返済する場合は、金利がわずかに高くても差はそれほど広がりません。しかし、借入金額が大きくなり期間も長くなればなるほど、金利の差は大きな差となって表われてきます。金利が高いことは負担に直結するので、注意しなければいけません。


ただし、メリットとなっている部分を上手く活用すれば、デメリットは打ち消すことができます。たとえば、銀行で180日間お金を借りるなら、レイクの無利息期間を使って借りた方がお得です。無利息期間内なら金利がゼロになるので、低金利でも利息の支払いがある銀行に比べると、有利にお金を借りることができるのです。


また、緊急時に急いでお金を借りたいときも、即日融資やWeb完結の申し込みは魅力的なポイントです。デメリットがあることを理解して、メリットを生かしながら利用すれば、それほど不利になることはありません。デメリットよりも魅力的なメリットも数多くあるので、使い方次第によってはとても便利なカードローンです。

 

人気のレイクカードローンの特長

レイクの特長は、他のカードローンよりも長い無利息期間です。


無利息期間自体は、他のカードローンにもあります。しかし、他社の無利息期間の多くは10日間や30日間ばかりで、それ以上となるとほとんどありません。


レイクの特長となっている無利息期間には、2種類あります。


一つは、他社と同じ30日の無利息期間です。1万円から500万円までなら、30日間無利息で借り入れをすることができます。


もう一つの無利息期間は、他者にはない180日間です。約半年ほど、無利息でお金を借りることができます。ここまで長い無利息期間は、他社のカードローンにはありません。レイクならではと言えるほど、大きな特長となっています。


無利息期間が180日間の場合は、限度額は200万円までで金利も下限が12.0%と、30日間と比べると条件は悪くなります。しかし、180日間も無利息で借りられる選択肢は、魅力的な特長に映る人も多くいます。


レイクの特長は、無利息期間だけではありません。Web完結型の申し込みも、大きな特長となっています。Web完結型の申し込みは、パソコンから利用可能です。スマートフォンでも、専用のアプリを使用すればWebだけで申し込み手続きが完了します。


申し込みのために窓口まで行く必要があると、手間が増えるので面倒です。パソコンやスマートフォンを使いネットから申し込みをしても、最後に契約書や本人確認書類を郵送するカードローンもあります。これでは、気軽利用できる申込方法とは言えないでしょう。


レイクのWeb完結型の申し込みなら、窓口まで行く必要は一切ありません。来店は一切不要ですし、契約書や本人確認書類を郵送する必要もありません。全て手元のパソコンやスマートフォンで手続きができるので、本当に気軽に利用することができます。


女性にとって嬉しい特長は、レディースローンです。レディースローンは女性専用で、男性は利用することはできません。一般のカードローンとの違いは、窓口や問い合わせで対応する社員が全て女性であることです。


女性がお金を借りるときは、少なからず不安な気持ちがあるでしょう。そんなときに対応する社員が男性だと、余計に萎縮してしまい安心することができません。疑問点や不安点を気軽に相談することもできずに、解決できないままお金を借りることもあります。しかし、窓口や問い合わせで女性が対応してくれるなら、安心して借りられるでしょう。

 

レイクカードローンを即日融資する方法とは

 

株式会社新生銀行カードローンとなるレイクは審査時間が早いことが特徴となる無担保ローンで、早ければ40分ほどで本審査の回答を得ることができます。銀行系カードローンは総量規制がない分、審査が厳しく時間がかかるのが一般的ですが、レイクは対応が早く審査結果をすぐに知らせてくれます。そのため、カードの発行や各種条件をクリアできれば、即日融資を受けることも可能となっています。

 

レイクの申し込み方法はインターネットを利用したホームページからと、自動契約機、電話と種類が用意され、いずれかの方法で申し込みするとすぐに仮審査が行われます。その後に本審査となりますが、申し込みの申告内容や提出書類に不備がなければ問題なく審査は通ります。本審査が通った時点でカード発行となりますが、受け取るためには郵送してもらうか、あるいは自動契約機で発行してもらうことになるので、即日融資を希望する場合は近所の自動契約機まで赴く必要があります。

 

全ての手続きをスムーズに済ませる場合は、自動契約機から申し込み、契約、カード発行と一連の流れを同時に行った方が良いことになります。申し込みからカード発行までの時間は、スムーズに行うことができれば最短で40分ほどのため、本人確認用の必要書類などを準備して出かけると良いです。

 

自動契約機の営業時間は基本的に年中無休で平日および土曜日は8時45分~24時までとなっていて、日祝日などで時間に若干の違いがあります。審査からカード発行までの時間を考えると、平日では少なくとも22時までには申し込みを終わらせておかなければ、翌営業日に回される可能性があります。カードさえ発行されれば、提携するATMからお金を借りることができるので、時間を間違えずに申し込みをするようにしましょう。

 

別の方法としてレイクでは、カード発行をしなくてもインターネットで申し込みから融資までの手続きが行えるようになっていて、指定の口座にお金を振り込んでもらうこともできます。ホームページからの申し込みは、審査時間が8時10分~21時50分と遅い時間でも受け付けてもらえますが、基本的に銀行窓口と連携しているため、融資の手続きが平日の14時までに処理される必要がある点に注意しなくてはいけません。

 

近くに自動契約機がない、午前の申し込みを行うことができる状態ならインターネットを利用すると便利ですが、銀行窓口の時間が過ぎてしまった場合は自動契約機を利用することになります。