読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイクカードローン★他のカードローンと比較して分かったメリット!

レイクのカードローンを選びました。他のカードローンと比較してみて新生銀行レイクのカードローンは使いやすいメリットがあったからです。

レイク審査の基準について

レイクを利用する為には、申し込みの後に審査を受ける必要があります。それにパスする事が出来ると融資対象として認められる為、カードローンを利用する事も可能になります。


では、実際のレイク審査の基準とはどうなっているのでしょうか。

 

基本的に各金融機関共通となっていますが、審査基準と言うのは明らかにされていません。その為、大丈夫だと思っていたとしてももしかしたら融資不可と言う判断になってしまう可能性はあります。ただ、明らかにはなっていませんが、基本的にチェックする項目等は多くの人が知っている事となるので、その点について注意しておく事が重要です。

 

まず一つは年齢に関してです。上限、下限が設けられているのでその点について気を付けましょう。


また、仕事に関してもチェックされるポイントとなります。仕事と言えば様々な種類がありますが、その中で安定しているかどうかという事が重視されます。例えば、公務員等リストラがない仕事と言うのは最も安定していると判断されます。また、大企業等も資本力が安定しているという点からそれ程条件が悪いと判断される事は有りません。中小企業等はそれよりも少々条件が悪いと判断されてしまいます。


しかし、基本的に企業等に就職して正社員として働いている人は、安定した収入が期待できる場合が多い為、職業によってそれ程融資の可否が決まってしまうことを心配する必要はありません。

 

条件が少々悪いと判断されてしまうのがパート、アルバイト、自営業の人です。この場合はどうしても身分の保証と言うのが正社員に比べると足りないと判断されてしまう為、結果的には融資不可と言われてしまうこともあります。ただこの場合も安定した収入があるという事を証明できれば融資対象としてみなされるので、必ずしも不可となってしまう訳ではありません。

 

また、重視されるポイントとして知っておくべき事が他社借入件数です。法律などでも金融機関の利用する事が出来る件数の上限が決められているわけではないので、どれだけ多くの金融機関から融資を受けたとしても法律違反等になる事は有りません。ただ実際には3社、4社程度から融資を受けている場合はその人がどうしてもお金が必要となっているというのが目に見えて分かる事になるので、融資不可と判断されてしまう事があります。


出来るだけ条件を良くして融資を受ける為にも、レイク審査を受ける時には他社借入件数には注意する必要があります。